Yasuhabitat

Love the Life You Live, Live the Life You Love | 歩みたい人生を歩むための挑戦記

Filmmaking

国際共同制作

最近、学校を卒業後のことをよく考える。これからもドキュメンタリー制作に携わっていくために、どんなオプション、可能性があるのかを探っているんだけれど、その中で「国際共同制作」という言葉によく出くわす。 そしてこの言葉になぜか引っかかるのだ。 …

なぜ、「ドキュメンタリー」なのか?

映画学校でも、世間一般でも、ドキュメンタリーってフィクションに比べると少数派なので、「なんでドキュメンタリーなの?」という質問を時々受けることがある。 正直言うと、ちゃんと台本のあるフィクションの方が綿密にストーリーが組み立てられている分、…

【Documentary Project】アイデアを練る

ドキュメンタリーの撮影期間は冬休み。そして既に一時帰国用のチケットは購入済みだった。 よし、女性僧侶になった友人を撮ろうと一瞬で決めた。ずっと前から彼女のドキュメンタリーを作ることが頭にあったから迷わなかった。 「誰かの生きたストーリー(人…

【Documentary Project】暗闇から見た一筋の光

思っていたのとは違った学校生活に意義を感じられなくなって、辞めようかなーっと考え始めていた去年の10月。 一番楽しみにしていたDocumentary Projectの詳細が発表になった。 学校のサポート(ドキュメンタリーの先生との1対1のセッション、制作資金、外部…

自分の制作スタイル

最近やっと自分が撮りたいスタイルが固まってきた気がする。まあ、今後変わったり増えたりしていくとは思うが一応現時点での理想とするスタイルを書き留めておこうと思う。 誰かの世界観に入り込んで、その世界を「私」という視点から発信したい →自分の心が…

途中で更新が途絶えた理由

「忙しかった」という言葉で片付けてしまうこともできるけれど、ちゃんと本当の理由を残しておこうと思う。 もともと何かを継続するのがあまり得意ではない。あまり誇れることではないが、過去にも色々と途中で頓挫してしまうことがあった。意志力ないなーな…

Week#3: 授業開始ー編集漬けの日々の始まり

今週からいよいよ本格的な授業が始まった。 (Editing Suite [編集スタジオ] にて。今週末はここにずっと引きこもって作業していました。) 以前にも少し触れたが、この学校では5週間で一つのクラスが完結する。普通の大学とは違い、いくつかのクラスを並行…

Week#2: いきなりの挑戦ー5 Obstructions

フィルムスクール2週目。 5 Obstructions 今週は導入授業として、それぞれが監督、撮影、音響、脚本、演技を日替わりで担当し、制限時間2時間以内にグループで1分のショートフィルムを作るという課題が出た。 (先生たち曰く、普通のフィルムスクールでは映…

Week#1: 「対話」が散りばめられた空間と時間

フィルムスクール第1週目。 (学内のシアター) フォルケホイスコーレは時間にゆとりがあるスケジュールだと聞いていたが、実際には休む間もあまりないくらい行事がぎっしり。お陰で時差ボケも1日で治ってしまった。 今週は映画製作らしいことは特に何もなく…

トーキョーノーザンライツフェスティバル北欧映画サマーミーティング

UP LINK渋谷で行われた北欧映画の魅力を探るイベントに参加してきた。魅力、の前に、「そもそも北欧映画とはどんなジャンルなのだろう?」という初心者過ぎる疑問とともに。笑 こんな感じなので、デンマークのフィルムスクールに行くと決めたのはもちろん北…

9月からデンマークのフィルムスクールへ留学します

3月末に応募していたデンマークのフィルムスクールからついに合格通知が届いた! この決断に至るまでの道のり ドイツに来る前は、実は大学院に進学しようと準備を進めていた。 分野は大学で専門にしていた移民学。アメリカの教育制度の中で学んでいたせいも…

映像翻訳の勉強を始めます

新たなチャレンジ 4月から、映像翻訳講座を受講することに決めた(ベルリンからWeb受講)。まずは全22ヶ月のカリキュラムの導入部分である、ベーシックコースから。 映像翻訳とは、文字どおり映画や動画などの字幕、吹き替え、ボイスオーバー(原音が聞こえ…

表現者への道

ことのはじまり いろんな想いが溢れ、交錯しまくっていた去年の上半期。その中で下した決断が、大学院ではなくドイツに行く、というものだった。 その時点で、私の得たいものは大学院では得られないと直感で思ったから。でも、どこで手に入るのかは全く分か…